経営で注目されている家賃保証を上手く活用する

婦人

一括の借り上げの仕組み

間取り図

アパートやマンションを一棟丸ごと賃貸貸しにする投資は人気があります。空室リスクを分散できる利点があるからですが、それでも収益を確保したい場合には一括借り上げシステムを利用できます。これは建物を管理する会社が一括借り上げを行い、家賃を支払うというものです。大きな特徴となるのが、賃借人がつかなくても必ず家賃が振り込まれることです。ただし、周辺相場の家賃単価よりも安く設定されるので、もし全ての部屋に賃借人をつけることができるならば、収入は少なくなります。いわゆる保険のような意味を持つので、空室ができることで大きく収入が減ることを避けるために利用できます。アパートを建設する場合にも、この一括借り上げシステムが活用されます。と言うのも、建設費用の融資の担保となるのが家賃収入の見込みだからです。周辺の空室率と家賃相場から、見込める家賃を算出して融資するか否かを判断します。この一括借り上げシステムを導入すれば、安定した収入が担保されるので融資も受けられるというわけです。ただし注意が必要なことがあります。長期契約を結んだとしても、振り込まれる家賃金額は定期的に見直されるということです。アパートもマンションも、年数の経過により劣化しますし、それが賃貸需要にも影響します。借り手は築年数の新しい物件を好みますし、その結果家賃単価は築年数に応じて下がることになります。それを加味して契約が更新されることを知っておく必要があります。