経営で注目されている家賃保証を上手く活用する

婦人

節税や副業にも最適

マンション

家賃収入以外の利点も多い

資産運用の中でも投資用マンションの運用は、物件の活用次第で多くのメリットを得られます。例えばその活用法の一例が不動産の減価償却を活かした節税です。不動産の建物部分は時間の経過と共に資産価値が下落します。この資産価値の下落分は損益として計上できるため、個人で運用している場合は給与所得と相殺ができ、法人の場合も同様に損益を経費として扱えます。このため投資用マンションを持つことで所得税や住民税、あるいは法人税の支払いを節約可能です。また投資用マンションの別の活用例として、不動産投資としては比較的少額から始められる点を活かした、長期運用も挙げられます。都内の収益性の高い中古マンションでも1戸あたり1,000万円台から狙え、ローンを組む場合は頭金を抑えて投資を開始できます。このため20代、30代といった収入がまだ少ない若い世代にも最適な投資で、副業としても始めやすいというメリットが存在します。少額投資でも長期運用を行うことで収益をさらに投資に回せるため、結果的により大きな収益を望めます。この他にも投資用マンションは資産運用だけでなく、場合によっては自分で住むという選択肢も取れるため、他の不動産運用に比べてもメリットが大きいのも特徴です。始めのうちは投資用マンションを賃貸に出して安定した家賃収入を得た上で、減価償却が終わったら自分で住むといった活用法もあります。投資用マンションは収益物件と住居という2つの性質を兼ね備えているため、こういったフレキシブルな運用が行われています。