経営で注目されている家賃保証を上手く活用する

婦人

メリットを活かそう

マンション模型

資産運用を行う際には、株式投資や外貨投資、不動産投資、金投資、など、いろいろな投資手段を選ぶことになります。どの投資手段を選ぶかは、投資家の性格などを考慮して決定します。数多くある投資手段の中で、比較的安定した収入を確保できるものは不動産投資です。不動産投資の利回りは、投資物件によってバラツキがありますが、6%から8%くらいが主流です。1000万円の投資物件を購入すれば、年間60万円から80万円の収入を得られる計算です。仮に8%で順調に運用できた場合、約13年で投下資金分を回収できることになります。安定した収入が見込めることにより、投下資金が計画的に回収できるということが不動産投資のメリットと言えます。コツコツと資産を積み上げて、少しずつでも着実に収入を増やしたいという人に向いています。不動産投資をコツコツと行っていくと、ある時点で信用力が急に増します。ここでいう信用力とは、金融機関でのローンの組みやすさです。不動産は担保に取りやすい資産です。中古ワンルームマンションでも5戸や10戸になってくると、担保としての価値が増すため、金融機関が融資に積極的になってくるのです。この段階になると、大きなお金を動かせるようになるので、複数物件をまとめて購入することができるようになり、収入を一気に増やすことができます。信用力を利用して運用資産を大きくさせることができるという点も不動産投資のメリットということができます。